HOME > ブログ > こどものミカタ

こどものミカタ

こどもの見方、こどもの診方、こどもの味方
こどもの持っている力を生かすミカタ
<< 2011年を振り返って | main | 災害時の応急手当 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
目からうろこの 地震から命を守る方法
 ときわホールで危機管理教育研究会の国崎信江さんの講演会がありました。
今回の講演会は、AWAるーぷるが企画した会です。


AWAるーぷるは、読み聞かせのお母さんたちの集まりから生まれた、震災に対して何かできるかという思いから生まれた会だそうです。

午前中は、小学生とその親を対象とした、自分の命を守るキッズ防災教室

午後からは大人対象に「地震から命を守る方法」でした。

国崎信江さんは三人のこどもさんのお母さん。母の目女性の目から見た地震対策を話してくださいましたが、はっきり言って、目から何枚うろこが落ちたかわかりません。

『防災とは非常持ちだし袋の準備ではなく、生命身体財産を災害から守ること』
『地震でなくなる多くの人は、自宅などで家具や家で押しつぶされてなくなる、もしくは、津波に流されて亡くなりました。』
『安全な場所に住む、自然災害に耐える建物にすることが基本です。』
『南海地震はいつか来るのではなく、皆さんが生きている間に必ずきます』

帰りに早速、国崎さんの本と防災関連の書籍を買って読み始めました。
震災に対して、家族と一緒に生き残るためには、正しい情報をどれぐらい持って、行動しているかにかかっていますから。
| イベント報告 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - | pookmark |









http://kodomomikata.jugem.jp/trackback/78
▲ページの先頭へ
Copyright(c) YAMADA CHILDREN'S CLINIC, All Rights Reserved.