HOME > ブログ > こどものミカタ

こどものミカタ

こどもの見方、こどもの診方、こどもの味方
こどもの持っている力を生かすミカタ
<< 災害が起きたら??! アレルギーっ子の防災のお話 | main | 2種類の子宮頚癌ワクチンについて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日本小児皮膚科学会
 23−24日と横浜のパンパシフィック横浜ベイホテルにて第35回日本小児皮膚科学会学術大会が行われました。23日をお休みさせていただいて参加してきました。

日本小児皮膚科学会は皮膚科の先生が多い学会ですが、最近小児科の先生も参加が増えてきています。当院は、アトピー性皮膚炎をたくさんみていますが、アトピーかもと考えて来院される患者さんがすべてアトピー性皮膚炎とは限らず、広く皮膚科の病気の方がいらっしゃいます。
他の病気を見逃さないため、昨年から参加するようにしています。

今回のテーマは『アトピー性皮膚炎』『皮膚感染症』『膠原病』でした。
アトピー性皮膚炎は、最近では勉強する機会が多く、知っていることがほとんどですが、それでもエキスパートは違います。りかこ皮フ科クリニックの佐々木りか子先生の技は、非常に参考になりました。中でも印象に残ったのは、「朝のバリア作りが大切」ということです。

夜一生懸命保湿をしても、朝になるとほとんど保湿はなくなってしまいます。朝バリア作りをしなければ、バリアのないまま保育所などで1日過ごすことになります。これでは、夜の間にせっかく良くなっても、家に帰ってきたらガッカリ、その繰り返しから抜け出せません。
保湿の重要性は理解していますが、患者さんに話すときに、夜は当然として『朝シッカリ!!』をもっと伝えないと治りにくいんだなぁと勉強になりました。

それ以外にもちょっとした小技がいっぱいありました。

感染症については、夏の時期はとびひ(伝染性膿痂疹)が多くなる季節ですので、これまたヒットすることがたくさんありました。また、最近は小児の性感染症が多くなってきており、注意必要がありそうです。

膠原病は、たくさんある病気ではありませんので、皮疹からはなかなか取っつきにくい病気です。そんな膠原病も発見するのに小さなサインがあることがわかりました。さらに学んで行こうと思います。


| アトピー性皮膚炎 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:25 | - | - | pookmark |









http://kodomomikata.jugem.jp/trackback/70
▲ページの先頭へ
Copyright(c) YAMADA CHILDREN'S CLINIC, All Rights Reserved.